本文へ移動
ここから本文です
計画地周辺航空写真

①「大船」駅徒歩5分は2物件のみ

②駅近物件の資産性

駅徒歩5分以内のマンションのリセールバリューは約120%。
首都圏で2010年7月〜2011年6月の1年間に新規分譲され、10年後の2020年7月〜2021年6月の
1年間に中古流通した物件のうち、駅徒歩5分以内のマンションのリセールバリューは約120%。
駅に近いほどリセールバリューが高くなる傾向があります。
2018年度に国土交通省が実施した「マンション購入時に考慮すること」の調査結果においても、
「駅からの距離など交通利便性」がトップとなっています。

③再開発による将来性

大船駅東口第2地区第一種市街地再開発事業(約1.2ha)が計画中。
新駅の位置図 ※出典:神奈川県ホームページ/村岡新駅(仮称)の設置について

④資産形成が可能(賃貸住宅は家賃の掛捨て)

「大船」駅の賃貸相場は、駅徒歩5分、38㎡台の1LDKで約12〜13万円。
例えば月12万円の家賃を35年間払い続けると、総支払い額は5,040万円。
これだけの資金をつぎ込んでも手元には何も残りません。
「プレミアムレジデンス鎌倉大船」なら、
毎月の返済が、将来への資産形成になります。
※2021年7月14日に複数の不動産・住宅情報サイトに掲載された情報に基づく数値であり、時期により賃貸相場は変動します